事故事例90 建設業:挟まれ事故事例

query_builder 2022/12/23
ブログ

こんにちは、事務担当の久保です。


今日は2学期終了式です。

明日から冬休み♪

冬休み、みなさんはどこか行かれますか?

我が家は久しぶりに広島へ帰省します(^^)


当事務所は下記の期間を年末年始の休業日とさせていただきます。

2022年12月28日(水)~2023年1月4日(水)

新年は1月5日(木)より営業致します。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。


「厚生労働省の職場のあんぜんサイト」から事故事例を紹介します。(No.1012)

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

【伐採した木の移動作業中、ドラグ・ショベルを後退させたところ

                  後方にいた被災者が両足を履帯に挟まれ死亡】



<発生状況>

一般家屋の解体作業を4名で行っていた。

被災者はドラグ・ショベルで支えられた立木をチェーンソーで切り込みを入れる役割であった。


切り込みを入れた立木をバスケットで倒すために運転者はドラグ・ショベルを後退。

その際、後方にいた被災者に気が付かず、被災者は履帯に両足を挟まれてしまった。

被災直後は意識があったが、病院に運ばれ2日後に死亡。


なお、運転者はドラグ・ショベルの資格を持っていなかった。


<原因>

1. ドラグ・ショベルの運転者が無資格で、知識や技能が不十分であったこと


2. ドラグ・ショベルと周辺作業者が接触しないよう、誘導員の配置、

立ち入り禁止柵の設置などを行っていなかったこと


3. 作業前にドラグ・ショベルの稼働範囲には侵入しないことを申し合わせていたが

作業計画が具体的ではなかったこと



まず大前提として、無資格者に運転させてはいけません!

もしかしたら、他の誰かが運転しているのをみて覚えたのかもしれませんし、

免許をとる勉強をしていたかもしれません。

しかし、免許を持っていない時点で運転するのはあり得ません!!


事故原因を追究し、同じような悲しい事故が発生しないよう、

作業者はもちろん、関係者ひとりひとりが

安心安全で作業できる環境を作っていくことが大切だと思います。


保険のご相談、いつでも承っております。

お気軽にお問い合わせください(^^)

記事検索

NEW

  • 事故事例94 建設業:事故事例

    query_builder 2023/01/23
  • 事故事例93 建設業:転落事故事例

    query_builder 2023/01/20
  • 事故事例92 建設業:転落事故事例

    query_builder 2023/01/18
  • 年始のご挨拶

    query_builder 2023/01/05
  • 年末のご挨拶

    query_builder 2022/12/27

CATEGORY

ARCHIVE

取扱保険会社
AIG
大同生命
メットライフ生命