Service

お仕事に集中するため損害保険を埼玉でご提案します

事前の準備でしっかり選ぶと大きな安心を生み出す

突発的なトラブルと、それに伴う賠償責任についてしっかりフォローできる損害保険を、事前にしっかり選ぶことはとても大切なことで、埼玉で行うお仕事をスムーズに進めるためにも、手厚いサポート内容になっているかどうかの確認は欠かせません。しかし、急にサポート内容をしっかり確認と言われても困難であるかと考えられるため、保険の専門家がお客様のお仕事にぴったりのサポート内容についてご提案いたします。わかりやすくご納得いただける説明を心がけ、「相談して良かった」と言っていただけるように精進してまいります。

賠償責任等をしっかりフォローする損害保険を埼玉で提案

賠償責任とは、一般的には弁償しなければならない事例に対してのことであり、建設工事保険の例でいえば、改築中のビルを、梯子を持って移動中に誤ってビル内の設置物を壊してしまった場合に発生してしまうこと等についていうものです。この賠償責任を賄う保険については、一般の個人賠償責任保険では業務中の過失を補填することはできないため、工事者用の保険に加入し準備することとなります。そして、この保険は事前に加入していなければ利用することができないので、あらかじめの準備が望ましいことは言うまでもありません。

どの保険が、どういったサポート内容を持っているのかなどはわかりやすいものではないため、保険の専門家としてしっかりサポートし、ご納得いただける内容の保険をご提案いたします。

引き渡し後の対人や対物トラブルもサポートする損害保険を埼玉で提案

滞りなく作業を進めていたはずでも、思いがけないトラブルが発生することもあり、工事完了後引き渡しを終えてからのトラブルについても賠償責任が使える保険があります。例としては電気設備工事を行い引き渡したものの、配電ミスによりショート、火災が発生してしまうケースや、照明器具の設置工事を行い引き渡し後の、接触不良を起こして火災が発生するケースがあります。この場合、本来であれば、細かくチェックをした後に引き渡すことが前提とはいえ、稀に起こってしまうトラブルでもあり、都度賠償する事態に発展してしまいます。

だからこそ、工事を行った管理者および従業員も、その引き渡し後のお客様も安心できる保険が大切になります。保険の専門家はどの保険が賠償責任について手厚いサポート内容が付帯しているのかもしっかりご案内いたします。

万が一の工事遅延が発生してもサポートできる損害保険を埼玉でご提案

どれだけ根気よくスピーディーにお仕事を進めていても、思いがけない事態にあって納期が遅れてしまうケースがあります。工事における納期遅延で発生してしまう際についても、生かせる保険があることをご存じでしょうか。もちろん遅延はしないに越すことはありませんが、場合によっては想定外のトラブルから、工事の遅延に繋がってしまうこともあり得るため、法廷上の賠償責任に対して補填できるように、手厚い保険によるサポートが付帯しているのです。

工事に限らず、発注いただくお客様に失礼なことはできないと、躍起になってお仕事を進めようとすることも恐らくはあるかと考えられますが、焦れば焦るほど精彩を欠いてしまう恐れもあります。万が一に備えて、納期遅延について対象する保険を選んでみてはいかがでしょうか。

取扱保険会社
AIG
大同生命
メットライフ生命