事故事例73 建設業:ブロック塀倒壊事例

query_builder 2022/11/14
ブログ

こんにちは、事務担当の久保です。


今日は埼玉県民の日ですね!

小学生のころ、この日にTDLに行くお友達が多かったような気がします♪


「厚生労働省の職場のあんぜんサイト」から事故事例を紹介します。(No.100488)

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

【基礎用の溝を掘削中、ブロック塀が倒壊、下敷きに



<発生状況>

建築物の基礎を工事するため、ドラグショベルで溝の掘削作業中に発生したものである。  

新築工事の基礎工事は、前もって石灰で白線を引いた場所をドラグショベルで幅約2.0m、深さ約1.4mの基礎用の溝を掘削するものであった。  

敷地の境界には、北西側に金網フェンスが長さ30.0m、北東側に高さ2.0mの

コンクリートブロック塀が長さ11.0m、東側に高さ2.2mのコンクリートブロック塀が

長さ17.0mにわたり設置されていた。

 

災害発生当日、午前中は敷地の境界線の内側を北西側から北東側に向かって、ドラグショベル(機体重量4.05t)で幅約2.0m、深さ1.1mから1.4mの基礎用の溝を掘削した。  

午後から東側を終了した後、北東側の端から南側に向かってコンクリートブロック塀にそって

同様に17.0m位掘削を進め、コンクリートブロック塀の終点付近まで掘削を終えた。

そのとき、高さ2.2mのコンクリートブロック塀が南東側の端から北東側と北西側の2つの面にわたって突然崩れ、東側が約17.0m、北側が約11.0mにわたって倒壊した。


北側にいた4名の作業員らがコンクリートブロック塀の下敷きになり、2人が死亡した。



<原因>


1. 南東側端のコンクリートブロック塀の基礎部分の地盤に

土止め壁を設けていなかったために、その部分のコンクリートブロック塀がまず倒れ、

その重量の連鎖で、北東側から北西側へと次々にコンクリートブロック塀が倒れていったこと。北東側の端から建込みを行っていた土止め壁は11.0m地点までであり、

掘削の終了していた北東側と南東側の間の残り6.0mの部分には土止め壁が設けられておらず、高さ2.2mもあるコンクリートブロック塀の自立性をあてにした施工方法であった。


2. コンクリートブロック塀のような工作物に近接する箇所で、

基礎用の溝の掘削作業を行っているが、コンクリートブロック塀の倒壊を防止するための

補強策を十分に行っていなかったこと。

そのための調査、作業計画、作業手順等が十分に検討されていなかった。


3. 掘削作業の作業手順、作業方法について現場での打合せ等により、

関係労働者に周知していなかったこと。



事故原因を追究し、同じような悲しい事故が発生しないよう、

作業者はもちろん、関係者ひとりひとりが

安心安全で作業できる環境を作っていくことが大切だと思います。


保険のご相談、いつでも承っております。

お気軽にお問い合わせください(^^)

記事検索

NEW

  • 事故事例94 建設業:事故事例

    query_builder 2023/01/23
  • 事故事例93 建設業:転落事故事例

    query_builder 2023/01/20
  • 事故事例92 建設業:転落事故事例

    query_builder 2023/01/18
  • 年始のご挨拶

    query_builder 2023/01/05
  • 年末のご挨拶

    query_builder 2022/12/27

CATEGORY

ARCHIVE

取扱保険会社
AIG
大同生命
メットライフ生命