事故事例70 建設業: 立杭内掘削作業中のヒヤリ・ハット事例

query_builder 2022/11/07
ブログ

こんにちは、事務担当の久保です。


「厚生労働省の職場のあんぜんサイト」からヒヤリ・ハット事例を紹介します。

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

【クレーンのワイヤーロープが巻きすぎによって切断、

                     土砂が入ったバッカンが立杭内に落下】



<発生状況>

鉄塔基礎部の立坑で掘削作業中、掘削した土砂を搬出するために

移動クレーンでバッカンを巻き上げたところ、巻き過ぎでワイヤーロープが切断。

立坑内にバッカンが落下して作業員にぶつかりそうになった。


<原因>


1. 移動式クレーンの巻過防止装置の電源を切った状態で巻き上げを行ったこと。


2. 巻過防止装置の作業状況について、点検を行っていなかったこと。


3. 移動式クレーンの運転に必要な資格を有していない者に運転を行わせたこと。



ヒヤリ・ハットで済んでよかったですね。

なにかを特別なものを動かすときは、その資格を持った人が必ず作業しましょう。


悲しい事故につながるような「危なったぁ!」が少しでも減り、

安心安全で作業できる環境が増えていくことを願っています。


保険のご相談、いつでも承っております。

お気軽にお問い合わせください(^^)

記事検索

NEW

  • 事故事例94 建設業:事故事例

    query_builder 2023/01/23
  • 事故事例93 建設業:転落事故事例

    query_builder 2023/01/20
  • 事故事例92 建設業:転落事故事例

    query_builder 2023/01/18
  • 年始のご挨拶

    query_builder 2023/01/05
  • 年末のご挨拶

    query_builder 2022/12/27

CATEGORY

ARCHIVE

取扱保険会社
AIG
大同生命
メットライフ生命