事故事例59 内装工事業: 新築住宅ボード張り作業中のヒヤリ・ハット事例

query_builder 2022/10/12
ブログ

こんにちは、事務担当の久保です。


「厚生労働省の職場のあんぜんサイト」からヒヤリ・ハット事例を紹介します。

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆

【ビル住宅内装ボード張り作業中、脚立から落ちそうになった



<発生状況>

新築住宅のボード張り作業を手すりなし2連式脚立上で

ボード(0.80m×1.8m 約20㎏)を持ち上げ壁張り中

ふらついて足元がずれ足場から落ちそうになった。

なお、作業者は連日の残業であった。



<原因>

1.高さ1.2m長さ1.8m巾40cmの2連式脚立足場が

安全な手すり付の脚立足場でなかった。


2.残業が続き当日も午後7時頃の作業で疲れが蓄積するとともに、

集中力が低下していた。



高さが2m未満であっても、高所は高所なので手すり付きの脚立を使用するか

もうすこし広い作業台を使用したほうがいいですね。

また、やはり疲れが蓄積してしまうと集中力が欠如し、

事故が発生しやすくなってしまいます。


作業環境だけでなく、自分の体調管理もしっかりしないといけませんね。



悲しい事故につながるような「危なったぁ!」が少しでも減り、

安心安全で作業できる環境が増えていくことを願っています。



保険のご相談、いつでも承っております。

お気軽にお問い合わせください(^^)

記事検索

NEW

  • 事故事例94 建設業:事故事例

    query_builder 2023/01/23
  • 事故事例93 建設業:転落事故事例

    query_builder 2023/01/20
  • 事故事例92 建設業:転落事故事例

    query_builder 2023/01/18
  • 年始のご挨拶

    query_builder 2023/01/05
  • 年末のご挨拶

    query_builder 2022/12/27

CATEGORY

ARCHIVE

取扱保険会社
AIG
大同生命
メットライフ生命