埼玉の損害保険・株式会社ベンポスタ

のお客様の声

私生活の入院もサポートする保険で安心生活を

お仕事中のトラブルだけではなく、プライベートにおける怪我や病気をサポートする保険をご用意し、福利厚生として使いやすいと多くの法人様・個人事業主様に採用いただいています。本来はプライベートは対象外となる保険が多く、法人保険ではなく別途個人保険を従業員様ご自身で用意するものですが、法人様・個人事業主様側からの福利厚生の一環として従業員様をお守りする保障としてご利用いただけます。先進医療特約なども付加でき、様々な万が一に備えて準備しておけば安心できる保障です。

病気入院と加えてかさむ諸費用をサポートする保険もご用意

従業員様が病気で入院してしまった場合の費用をサポートする保険もございます。長引く入院に対して積み重なってしまう食事療養費や差額ベッド費用などの経済的な負担を補填できます。契約時に決まった額を、入院した日から所定の日数まで把握し、経済的に安心して養生できるようになります。中には入院後ある期間を超えなければ給付金の対象とならない免責期間がある保険もございますので、入院1日目から保険がスタートするのか等、気になる点についてはしっかりご説明いたします。

入院保険は、お仕事中に限らず、プライベートの病気や怪我が原因での入院でも給付金の対象となるものもございますので、いざ入院・手術という時の備えとなり、お仕事に集中できます。福利厚生として準備しておけば、従業員様が安心いただける保険であり、また元気にお仕事へ戻ってきていただくための大きな助けとしても生きる保障です。

先進医療特約で先進医療の治療にも対応する保険もご提案

先進医療とは厚生労働省で認められた医療技術のことを指しており、例として、悪性腫瘍を治療する陽子線治療や、腫瘍に対して、最低限の抗がん剤投与と最先端の検査技術により副作用を抑えた治療を行う、抗悪性腫瘍剤治療における薬剤耐性遺伝子検査等が対象となる保険です。万が一の重い病気に対して、高額な処置が必要となってしまう場合であっても、安心できる保険金がご利用できるため経済的なご負担に対応することができます。この特約があれば、従業員様個人にかかる大変な治療に対しても、経済的なご負担を軽減することができます。

いなくなってしまうと困ってしまうようなベテランの従業員様もいらっしゃり、そうした貴重な人材もしっかりと手厚いサポートを受けられるサポートがあれば、また戻ってきてくれることを信じて病院へ送り出せます。会社に関わる方々全員でお帰りと言ってあげられる環境をつくるお手伝いができる保障です。

がんの通院治療にかかってしまう費用もサポートできるがん保険

役員様や従業員様ががんにかかってしまい、その治療のために通院することでかかってしまう費用を補填するための保険が、がん保険です。がんに備えるこの保障は、がんの治療に対してかかる費用を補填し、ご加入いただいた保障内容や保障額に則って給付金の対象となります。厚生労働省が定める先進医療に対応するがん先進医療特約を付加でき、治療にかかる費用の実費に対してサポートできますので高額な先進医療の医療費にも対応できます。

現在日本では2人に1人ががんにかかると言われており、思いがけず、がんが進行していた等というお話もよく耳にしますので、いざという時にはこの保険を利用して早急に病院で治療に臨んでいただけます。治療できる病気は速やかに治療し、改めてお仕事に励み、治療で休職した方が円滑に復帰できるようにサポートする保険ですので、法人様・個人事業主様でのご加入もおすすめいたします。

取扱保険会社
AIG
大同生命
メットライフ生命